夫婦や家族でハピ友を活用!ハピ友の利用方やファミリーマイルの説明

夫婦や家族でハピ友を活用!ハピ友の利用方やファミリーマイルの説明

夫婦や家族で

「マイルを貯めてマイルだけで旅行に行こう!」

と計画した場合、どうやってマイルを貯めるつもりですか?

 

当サイトでは、マイルを貯めるにはポイントサイトを利用するしかない!と散々言っています。

ポイントサイトならば飛行機に乗らなくても簡単に大量のマイルを貯めることが可能なのです!

夫婦、家族でマイル旅行に行きたい場合ももちろんポイントサイトを利用するしかありません!

 

しかし何人かで協力するという場合、うまくやれば、1人で貯めるよりももっともっと効率的に貯めることが可能なんです。「2人でやるんだからそりゃ倍になるでしょ」と思うかもしれませんが、単純に2人分になるというだけの話ではありません。

ポイントサイトのハピタスのハピ友制度を利用するという方法ならば2人分プラスアルファのポイントが貯まるんです!

 

そもそものマイルのため方について知りたい方は下記記事ご参照ください。

 

ハピタスの紹介制度はすごい!その理由とは

ハピタスとは

ハピタスは陸マイラーなら誰もが登録しているポイントサイトです。

案件の豊富さや高額さ、サイトの使いやすさなどで非常に優秀なポイントサイトなのですが、中でも紹介制度は他のポイントサイトを圧倒するお得さなんです。

ハピ友とは

ハピ友とは、ハピタスがほこる最強の友達紹介制度のことです。

友達紹介制度とは、その名のとおり、ハピタス会員が「自分の友達」として友達に会員登録してもらうと、紹介者も新規登録者もそれぞれ何かしらの優待があるという制度で、ハピタスに限らずほぼ全てのポイントサイトで実施されているのですが、ハピタスのハピ友は特に優秀な制度なんです。

 

ハピ友のすごい特典とは

ハピタスのハピ友制度は下記のような特典があります。

真ん中の「特典2」に注目してください。

たとえば夫婦のうち、妻Aさんがもともとハピタス会員だったとして、夫Bさんに、Aさんの紹介URLから登録してもらいます。そうすると、夫Bさんは妻Aさんのハピ友ということになります。

その後、たとえばカード発行で1万ポイントという案件があったとして、妻Aと夫Bそれぞれでカード発行したとします。

すると報酬はまず妻Aに1万ポイント、夫Bに1万ポイントそれぞれ入りますよね。

そしてそれだけではなく、夫Bが獲得したポイントの何%がハピ友ポイントとして妻Aに入るので、妻Aのステージが4なら30%バックとなり、1万ポイント×30%で3,000ポイントが妻Aに入るわけですね!

この3,000ポイントのバックはあくまで運営からの特別ボーナスなので、ハピ友がもらえる報酬が減ったりすることは全くありませんので安心してください!(マルチのように報酬の一部を吸い上げるということは一切ありません!)

 

何%バックになるかはステージによる

何%バックかは「ステージ」によって決まります。ステージは1~8にわかれており、合計紹介人数や自身の獲得ポイントに応じて決まります。下記表をご覧ください。

40%還元はハピ友人数100人という途方もない数字ですが、30%は比較的簡単な水準なので、30%を狙うのがいいと思います。まずは獲得ポイント3000ポイントを継続しつつ、ハピ友の人数を徐々に増やしてなんとか10人にできればOKです!

貯め方のコツ

このようにハピ友を利用すると1人で貯めるよりもボーナスが付与される分圧倒的に貯まりやすいのです!
夫婦で貯めるコツとしては、妻Aがメイン、夫Bがハピ友とした場合、「1世帯1回限りの案件はハピ友である夫Bが必ずやること」を徹底しましょう。もし妻Aが実行してしまうと、夫Bはもうその案件ができないのでボーナス分を取り逃してしまうことになります。それは非常に惜しいですよね……。
また例えば4人家族でやる場合は、3人とも妻Aのハピ友になるのではなく、下記のようにハピ友関係はバラケさせてください。なぜかというと、ハピタスは月の交換制限が3万ポイントなので、必要以上に1箇所にポイントを固めるとマイルへの交換が滞るおそれがあります。よって、下記のようなハピ友関係が良いと思います。
なお、AとB、BとCはそれぞれハピ友ですが、AとCはなんの関係もないことになります。ハピ友はあくまで直接紹介した人のみの関係なんですね。

 

他のポイントサイトの紹介制度と比較

ハピタス以外のポイントサイトにももちろん紹介制度があり、それぞれ独自のシステムなのでちょっとずつ違います。

サイト名 還元率 ティア 対象広告 その他
ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

10%~40%

総紹介人数により変動

2ティア 全ての広告が対象 交換は月3万ポイントまで
ポイントタウン

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

50% 2ティア 対象広告が限られており、クレジットカード案件やFX案件が対象外のことが多い 紹介者ランキングがある

対象外案件は「対象外」という記載アリ

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

5~100%(案件により異なる) 2ティア 対象外広告もあるが、99%は対象

ただし還元率低めの物が多い

対象外案件は「ダウン報酬対象外」という記載アリ
ポイントインカム

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

10% 2ティア 対象外の案件もあるが、対象のものが多い

しかし一律10%と低め

対象外案件は「紹介者利用報酬のみ対象外」という記載アリ
ちょびリッチ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

40% 2ティア 対象広告が限られており、クレジットカード案件やFX案件が対象外のことが多い 原則が対象外で、対象の場合のみ「ちょびとも」のマークあり

どのサイトも良いところがあるんですが、それでもハピタスを推すのは、『還元率が高いのに対象が全てだから』です。

たとえばポイントタウンなんかははじめから驚きのバック率50%!なんですが、、対象となる案件が非常に少なく設定されているので、なかなかバックが入ってこないんですよ。基本的には対象はショッピング系のみという感じです。高単価案件は対象外ですね。

そうなると、毎月きっとやってくれるであろう高額なクレジットカード案件は、ハピタスでやってくれれば30%ほどのポイントバックがありえるのに、ポイントタウンでやった場合はバックは0ということになってしまうわけですね。このように、対象の案件が多いというのは非常に重要なポイントなんです。

 

また、ティアとは『階層』という意味で親と子の関係を指します。

2ティアというのは「直接紹介した人だけからバック報酬がある」という意味で、3ティアとなると「紹介人がさらに紹介した人からもバック報酬がある」という意味になります。上で紹介したのは全て2ティアなんですが、3ティア以上のサイトもあるようです。当然3ティア4ティア・・・となったほうがバックが大きいわけですが、その代わり対象広告が少なかったり、還元率が悪かったりするので、単純にティア数が多いからいいとも言えません。

 

ファミリーマイルについて

家族のうち1人だけがマイルをためている場合、特典利用者登録をしてあれば、2親等以内の家族に対して、自分のマイルを使って特典航空券を発券してあげることができるので、ふつうは家族が個別にマイルを貯める必要はありません

しかし家族がそれぞれマイルを貯めたらどうなるでしょうか?

 

ポイントは同名義のマイルにしか交換できないため、家族それぞれがポイントを貯める場合マイルもそれぞれで貯めることになります。こんなふうに家族でそれぞれマイルを貯めたらマイルがバラけてしまって使いづらいんじゃ……?と思うかもしれませんが、その点は心配ありません。

ANAカードファミリーマイルに登録しておくと、それぞれで貯めたマイルを合算して使うことができるんです。

 

まず、ANAカードには本会員カード家族カードという種類があり、以下ふたつの方法が考えられます。

①家族の1人が本会員カード、他の家族は家族カードをもつという方法

②家族それぞれが本会員カードをもつという方法

どちらの方法をとってもらってもOKです。重要なのは「ファミリーマイルに必ず登録する」ことだけです。

ファミリーマイルに登録すると、誰か1人を『プライム会員』その他を『ファミリー会員』として登録します。そして、家族合算したマイルをプライム会員が代表して特典航空券に交換することになります。

家族カードと本会員カードの違い

①の家族カードだと年会費が安くなるというメリットがある一方で、家族には「継続マイル」がつかないというデメリットがあります。

また①だと家族カードで決済した時に付与されるマイルは本会員のほうに付与されますが、②の場合はそれぞれに付与されます。

まあそれだけなのでどちらにするかは好みでいいと思いますが、今後ずっとカードを持ち続けるなら、年会費がかからないほうがずっとお得だと個人的には思います。

 

ただしソラチカカードは絶対にそれぞれで発行

ただし、ソラチカカードに限っては絶対にそれぞれで発行してください!

なぜなら、家族カードだとソラチカの家族カードに貯まったメトロポイントは、ANAマイルに移行できないからなんです。

このサイトでは、ポイントサイトで貯めたポイントはソラチカルートでメトロポイントに変えてマイルに交換しよう!と言っていますよね。

しかしこの機能を使うには本会員カードでなければいけません!

なのでもし本会員カードでなく家族カードでソラチカカードを所持した場合、みんなで大量のポイントを貯めることができても交換できるのは月18,000マイルが限度ということになってしまうのです。なんのためにみんなで協力して貯めているのか……となってしまいますよね。

よってソラチカカードだけは絶対にそれぞれ本会員で所有しましょう!

まとめ

夫婦や家族でポイントを貯める場合はぜったいに紹介制度を利用しないと損です!!!

制度を理解して最大限利用するのがおすすめです。

ハピタスへの登録は下記からできます!もちろん登録無料!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス